エリア
札幌市豊平区
こだわり
指定なし
1

札幌市(さっぽろし)は、北海道の道央地方に位置し、石狩振興局に属する市。道庁所在地にして石狩振興局所在地であり、道庁所在地であることから「道都」とも呼ばれ、北海道の政治・経済・文化の中心地となっている。北海道最大の人口(約196万人)を有する政令指定都市である。
== 概要 ==
日本最北の政令指定都市であり、全国の市の中でも横浜市、大阪市、名古屋市に次ぐ4番目の人口を有しており、北海道全体の人口の約4割弱(約37%)を占めている。北海道のプライメイトシティであり、札幌都市圏を形成している。アイヌの人々が暮らしていた蝦夷地は1869年(明治2年)に北海道と改称され開拓使が置かれて札幌本府の建設が始まった。1875年(明治8年)に最初の屯田兵が入植。札幌の建設計画は当時の開拓判官島義勇によって構想され、京都を参考にした街づくりは創成橋東側のたもとを基点に東西の基軸を創成川、南北の基軸を渡島通(現在の南1条通)として区画割を進めていった(現在の南北の基軸は大通公園)。このため、中心部の多くは街並みが碁盤の目状になっている。
その後、周辺町村を編入・合併して市域を拡大していった。
「札幌市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2021-10-15 22:45 UTC (http://ja.wikipedia.org/)