エリア
新宿区
こだわり
指定なし
22

新宿区(しんじゅくく)は、東京都の区部中央に位置する特別区。東京都の都庁所在地である。
== 概要 ==
東京都に23ある特別区の一つであり、23区の中央やや西側に位置する。不動産業界では、千代田区・港区・中央区の「都心3区」に新宿区と渋谷区を加えて「都心5区」と言われることがある。かつての35区が22区(のちの23区)に移行した1947年に発足した区であり、行政機構としての歴史は比較的浅い。また、旧牛込区、旧四谷区、旧淀橋区の3つの区が「寄り合い所帯」となって誕生した経緯から、個性に富んだ地域が区内に点在する。
1991年より東京都庁は同区に位置しており、自治体として見た場合は「東京都の都庁所在地」に該当する。ただし、新宿区を含む23特別区は地方自治法において他の46道府県庁所在地とは異なる「特別地方公共団体」とされており、通常の市町村(普通地方公共団体)と同格に扱われていないため、国土地理院発行地図を始め都庁所在地の地名は慣例的に「旧東京市の後裔たる東京都区部の総称」として「東京」と表記されている。
古くは甲州街道の宿場町として栄えた新宿は現在では三大副都心の一角に数えられ、日本有数の繁華街が広がっている。新宿駅は世界最大の利用者数を誇るターミナル駅であるため、駅周辺の昼夜の人口増減が特に著しい。
「新宿区」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2021-06-11 15:45 UTC (http://ja.wikipedia.org/)