エリア
墨田区
こだわり
指定なし
5

墨田区(すみだく)は、東京都の特別区の一つで23区東部に区分する。人口約27万人で23区内では第16位である。
== 概要 ==
「おいてけ堀」など「本所七不思議」は、昔の墨田区が舞台である。
押上・業平橋地区では、自立式鉄塔としては世界一となる高さ634mの地上デジタル放送用タワー、東京スカイツリーが2012年5月に開業した。観光と防災都市のシンボルにし、世界一の観光都市を目指すという。
== 人口 ==
=== 昼夜間人口 ===
2005年に夜間人口(居住者)は231,092人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は262,514人で昼は夜の1.136倍の人口になる。
世帯数:117,324世帯(2006年10月1日)
外国人登録者数:8,314人(2006年10月1日)
== 地理 ==
東京都の東部の区であり、西の区境は隅田川と東の区境は荒川および中川に挟まれた位置にある河川に挟まれた町である。水の郷百選に選ばれている。区東部の地域は海抜ゼロメートル地帯となっている。
== 歴史 ==
近世以前墨田区が成立するまでは、区の北部(旧・向島区)と南部(旧・本所区)では、歴史に大きな違いが見られる。
「墨田区」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019-11-09 16:59 UTC (http://ja.wikipedia.org/)