エリア
大田区
こだわり
指定なし
5

大田区(おおたく)は、東京都の特別区のひとつ。
== 概要 ==
前身は大森区と蒲田区で、区の商業は大森駅と蒲田駅に、区の行政は蒲田駅に集中している。
東京特別区のうち北側で品川区、目黒区、世田谷区と境界を接する。東京港を挟んで向かい合う江東区とは、中央防波堤内側埋立地と中央防波堤内側埋立地の帰属について係争がある。
23区の中では都心から一番離れており、直線距離では唯一、都心15km圏である(埼玉県川口市や千葉県市川市とほぼ同じ距離)。ただし、大田区は多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接する交通の要地で、東京都心と神奈川県を結ぶ鉄道(JR東海道線・京浜東北線や都営地下鉄浅草線と相互乗り入れする京急線など)の本数が多い。区東部には羽田空港があり、大田区の面積の約3分の1を占め、空港の所在地の地名も「大田区羽田空港○丁目」となっている。
== 人口 ==
区内人口は平成12年(2000年)国勢調査では前回比2.21%増、平成17年(2005年)国勢調査では同2.31%増と増加傾向にあり、2017年(平成29年)時点では鳥取県や島根県、高知県の人口を上回る。大田区戸籍住民課調べによる出生・死亡等の自然増減、転入・転出等の社会増減、外国人の帰化等のその他増減を加味した人口動態でも平成16年度(2004年度)+4,862人、平成17年度(2005年度)+5,246人、平成18年度(2006年度)+3,043人の増加となっている。区内人口は夜間人口より昼間人口の方が多い。
「大田区」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2020-01-16 02:27 UTC (http://ja.wikipedia.org/)