エリア
豊島区
こだわり
指定なし
29

豊島区(としまく)は、東京都の区部北西部に位置する特別区。
== 概要 ==
東京23区の西北部に位置する。池袋駅を中心とする副都心を擁し、サンシャインシティや豊島区役所などの超高層ビル群が建ち並ぶ。
区の中心は地理や行政・民間ともに池袋地区で、2020年7月には旧豊島区役所跡地周辺に超高層ビル・Hareza Tower と東京建物Brillia HALL をはじめ8つの劇場を含む文化にぎわい拠点「ハレザ池袋」が開業している。
また池袋駅西口では三菱地所による池袋駅西口地区再開発事業が計画されており、超高層ビル3棟が駅前に建設される予定となっている。
立教大学、学習院大学、川村学園女子大学、東京音楽大学といった大学キャンパス、高級住宅街である目白、「おばあちゃんの原宿」として知られる巣鴨、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園や慈眼寺、染井霊園など、様々な表情を持つエリアが存在する。
昭和40年度(1965年)の国勢調査の結果、日本一の人口密度の地方自治体になった(前回調査までの1位は東京都台東区)[1]。2005年の国勢調査では、東京都中野区に次いで国内第二位となったが、2010年の調査で再び人口密度日本一となった。
== 人口 ==
=== 人口 ===
2015年の夜間人口(居住者)は291,167人であり、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は417,146人である。
=== 将来 ===
2014年5月8日、日本創成会議の人口減少問題検討分科会で発表された「2040年における消滅可能性都市」で、東京都区部で豊島区が唯一ランクインした際に、「豊島区が消滅する」などの見出しが用いられて報道がなされた。
「豊島区」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2021-04-17 10:56 UTC (http://ja.wikipedia.org/)