エリア
足立区
こだわり
指定なし
10

足立区(あだちく)は、東京都の特別区の一つ。23区北部に区分され、23区で最北端に位置する。人口約68万人で23区内では第5位となっている。
== 概要 ==
東京都区部(東京23区)の北東部に位置し、隅田川と荒川に挟まれた千住地区と、面積の大半を占める荒川以北の地区とに分かれている。かつては陸続きだったが大正時代に荒川放水路が建設されて分断された。
足立の地名は、大化の改新(645年)後に制定された地名「武蔵国足立郡」に由来する。現在の足立区から埼玉県北部にまたがる広大な地域で、さいたま市大宮付近に中央政庁があったという。
荒川の南に位置する千住地区は、江戸時代には日光街道と奥州街道の宿場町「千住宿」であり、古くから賑わっていた。現在はターミナル駅である北千住駅を中心として区内随一の繁華街となっている。比較的静かだった東口も、東京電機大学が神田から移転してきたことで活気がでてきた。
「足立区」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019-11-13 12:33 UTC (http://ja.wikipedia.org/)