エリア
江戸川区
こだわり
指定なし
3

江戸川区(えどがわく)は、東京都の特別区の一つで、23区東部に区分される。人口約69万人で23区内では第4位となっている。
== 概要 ==
東に江戸川が流れ、千葉県と接している。西には荒川が流れるが、この川は人工河川で治水目的で大正時代に建設された。正式名は荒川放水路である。江戸川区の面積は49.86km²で、23区内では4番目の広さ。区民1人当たりの公園面積は23区内で1位である。また、高齢者が多いが子供も多いので、23区内で区民の平均年齢が最も若く、合計特殊出生率も23区内で最も高い。小松菜は江戸川区が発祥の地として知られる。江戸川区小松川で、8代将軍の徳川吉宗が鷹狩の際、名無しの野菜が入った味噌汁を食し「小松菜」と命名したこという。
「江戸川区」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019-11-13 07:10 UTC (http://ja.wikipedia.org/)