エリア
江戸川区
こだわり
指定なし
2

江戸川区(えどがわく)は、東京都の特別区のひとつ。
== 概要 ==
江戸川区は東京23区の東端に位置し、西を荒川と中川で区切られ、東は江戸川で千葉県浦安市と市川市に接する。
都心部へのアクセスの良さや公園の多さから子育て世代が多いベッドタウンとして発展し、2019年には人口が70万人を超えた。合計特殊出生率は中央区に次いで23区内で2番目に高い。水辺の特色ある公園が多く、古川親水公園は日本初の親水公園である。また、葛西海浜公園は都内唯一のラムサール条約登録地である。
江戸川区は小松菜発祥の地としても知られる。小松川で徳川吉宗の鷹狩の際に献上され、地名から小松菜と命名されたと伝わる。鹿骨を初め、花卉栽培が盛んであり、特に毎年7月に台東区入谷で開催される朝顔市に出荷される朝顔の約7割は江戸川区産である。一之江や春江町では金魚養殖が盛んで、愛知県の弥富市、奈良県の大和郡山市とともに江戸川は金魚の三大産地として知られているが、開発が進んだ影響で今日では養殖池の多くは区外に移転している。
「江戸川区」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2020-07-08 06:53 UTC (http://ja.wikipedia.org/)