エリア
三鷹市
こだわり
指定なし
1

三鷹市(みたかし)は、東京都の多摩地域東部に位置する市。
== 概要 ==
武者小路実篤、三木露風、山本有三、太宰治など、多くの作家が暮らした街として知られるほか、全国初のゼロ歳児保育施設の開所(1956年)、全国初の公共下水道普及率100%(1973年)を達成した都市でもある。また、「みたか市民プラン21会議」、官民共同プロジェクト「あすのまち三鷹」、三鷹ネットワーク大学での市民、大学、研究機関、企業との協働が成果を上げ、2005年度のインテリジェント・コミュニティ・オブ・ザ・イヤーでは世界1位に選出された。
都市と自然が調和する公園都市であり、市内には、井の頭恩賜公園、野川公園が存在する。桜の植樹が盛んで、三鷹通り、国立天文台三鷹キャンパス、国際基督教大学周辺に桜並木が造られている。
観光名所としては、三鷹の森ジブリ美術館、三鷹市山本有三記念館、太宰治文学サロンなどの文化施設のほか、禅林寺には太宰治および森鴎外、龍源寺には近藤勇の墓が存在する。
== 地理 ==
多摩地域の東端に位置しており、東京23区と多摩地域の境界を接している隣接5市の1つである。東経139度31-35分、北緯35度39-42分位置にあり、東西6.4km、南北5.2km。市域は鷹が大きく羽を広げたような形をしている。
北東に位置する井の頭地区には井の頭恩賜公園および井の頭池があり、南東に流れる神田川は井の頭池を源流とする。
「三鷹市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019-11-15 06:45 UTC (http://ja.wikipedia.org/)