エリア
浜松市中区
こだわり
指定なし
3

浜松市(はままつし)は、静岡県の西部(遠州)にある政令指定都市で、同県の最大の都市である。面積は岐阜県高山市に次いで2番目に広い。戦国時代には浜松城の城下町、江戸時代には東海道の宿場町として栄えた。国際会議観光都市に指定されている。
== 地理 ==
太平洋ベルト沿いで東京と大阪の中間付近に位置し、南部の平野と北部の山間で構成されている。面積は岐阜県の高山市に次いで全国で2番目に広い。豊かな自然に囲まれており、北部は赤石山系、東部は全国でも有数の流域を持つ天竜川、南部は広大な砂丘からなる遠州灘、そして西部は浜名湖と四方を異なる環境に囲まれているため、市内各所に舘山寺や奥浜名湖、弁天島、白倉峡などの景勝地がある。
河川一級水系 天竜川
水窪川、白倉川、気田川、横山川、阿多古川、二俣川、安間川
詳しくは天竜川の支流一覧を参照
二級水系 都田川
獺渕川、川名川、井伊谷川、新川、段子川、権現谷川
二級水系 馬込川
芳川、狢川、染地川、御陣屋川、新川湖沼
浜名湖 : 市の南部に位置する都田川水系の汽水湖。
引佐細江 : 浜名湖の枝湾で細江湖とも呼ばれる
猪鼻湖 : 浜名湖の枝湾
庄内湖 : 浜名湖の枝湾
佐鳴湖 : 都田川水系新川の中流に位置する湖。日本一汚染度の高い湖としても知られた(2001-2006年度。
「浜松市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019-11-09 17:05 UTC (http://ja.wikipedia.org/)