エリア
浜松市中区
こだわり
指定なし
3

浜松市(はままつし)は、静岡県の西部、遠州地方にある市。政令指定都市と国際会議観光都市に指定されている。
== 概要 ==



ホンダの発祥地でありスズキが本社を構えるなど全国でも有数の自動車工業都市であり、県庁所在地以外の市で4番目の人口(川崎市、北九州市、堺市に次ぐ)を有する。平成の大合併以前の旧浜松市の人口は約61万人、人口密度2368人/㎢であり、旧浜北市との小規模合併のみで政令市移行の基準を満たしていたが、財政が逼迫した北遠自治体等との大規模救済合併により、静岡県では静岡市に次いで2番目の政令指定都市に移行した。ピーク時には81万人であったが、現在は80万人を割り込み79万人と減少傾向が続いている。全国の市町村で2番目の面積では7つの行政区を持ち、面積の約6割を天竜区が、人口の97%以上を天竜区を除いた6区が占めている。
遠州地域における経済・文化・観光の中心となっており、浜松市を中心とする浜松都市圏は、都道府県庁所在地以外の都市圏で2番目の人口を有する。また愛知県の東三河、長野県の南信州地域との結びつきも強く、これらの地域を総称し三遠南信と呼ばれる。
静岡市とともに全国5位の規模を有する静岡・浜松大都市圏の中心都市として機能している。
戦国時代には浜松城の城下町、江戸時代には東海道の宿場町として栄えた。
「浜松市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2022-07-06 23:03 UTC (http://ja.wikipedia.org/)