エリア
一宮市
こだわり
指定なし
3

一宮市(いちのみやし)は、愛知県の北西部(尾張地方)に位置する市。中核市に指定されている。
現在の区域は旧中島郡北部・旧葉栗郡西部・旧丹羽郡西部にあたる(1921年9月1日の市制当時の区域は旧中島郡)。
== 概要 ==
中心部は真清田神社の門前町として栄えたことに端を発する。
かつては織物の有数の生産地として知られ、現在は尾州織物をブランド化し、愛知県は毛織物の全国シェア60パーセントを占めていた。紡績・繊維産業の一大中心地で、女性従業員を多数雇用していたので「女工(工場の女性従業員)の街」と呼ばれたことがあり、織物工場の女性従業員は「織姫」とも呼ばれ、元従業員が現在も居住している関係で現在も女性人口がやや多い。
繊維業の歴史は古く平安時代には既に錦綾を生産した。しかし現代では繊維産業は外国に移転して低調である。織物・紡績・繊維の工場跡は住宅・商業施設になっている。鉄道・高速道路の利便性の高さから、名古屋市のベッドタウンとして都市開発が進んでいる。
「一宮市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2021-07-25 06:15 UTC (http://ja.wikipedia.org/)