エリア
津市
こだわり
指定なし
1

津市(つし)は、三重県の中勢に位置する市。三重県の県庁所在地であり、日本で最初に市制施行地に指定された31市の中の一つである。都市雇用圏の人口は約50万人を誇り、東海地方では愛知県名古屋市、静岡県浜松市、静岡県静岡市、岐阜県岐阜市、愛知県豊橋市、三重県四日市市に次いで第7位である。
== 概要 ==
伊勢平野のほぼ中心部にあり、海沿いに市街地がある臨海都市である。人口は四日市市に次いで県内第2位。面積は県内最大である。江戸時代には藤堂家が治める津藩の城下町として栄えた。旧津市は日本で最初(1889年〈明治22年〉4月1日)に市制施行した31市の1つで、この時点で市制施行をしたのは東海地方では津市のみである。三重県内の官公庁や国の出先機関、文教施設が集約されており、三重県の行政・文教の中心地となっている。また、周辺自治体と共に人口50万人の津都市圏を形成し、広義での中京圏に属している。
「津市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2020-10-21 16:25 UTC (http://ja.wikipedia.org/)