エリア
四日市市
こだわり
指定なし
4

四日市市(よっかいちし)は、三重県北部(北勢)にある市。
三重県の県庁所在地である津市を上回り、三重県最大の人口を有する。国から施行時特例市と保健所政令市の指定を受けている。また、都市雇用圏の人口は、東海地方では愛知県名古屋市、静岡県浜松市、静岡県静岡市、岐阜県岐阜市に次いで第5位である。
== 概要 ==
四日市市は、中京工業地帯の代表的な工業都市である。近鉄名古屋線などが通ることから名古屋市への通勤・通学者がおり、日系ブラジル人が多く居住をする笹川団地(四郷地区)は市内南部にあり、名古屋のベッドタウン化している郊外の団地は昭和の大合併で編入された地域で、三重団地(三重地区)、桜台(桜地区)、三滝台(川島地区)、あかつき台(八郷地区)など、市内西部に位置する地域が多い。一方、三重県北勢地域の中心都市である為三重郡の各町、桑名市、鈴鹿市、亀山市など近隣の市町から当市へ通勤・通学する者も多く、昼夜間人口比率は100%を超えている。
2000年(平成12年)11月1日の制度運用開始とともに特例市に指定された。2005年(平成17年)2月7日に隣接する三重郡楠町を平成の大合併による市町村合併で編入したことで人口が30万人を超えたため中核市移行を目指しているが、大矢知地区の産業廃棄物問題が解決しないため移行の目途が立っていない。中核市移行の準備段階として、2008年(平成20年)4月1日に保健所政令市に指定された。
「四日市市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019-11-09 16:59 UTC (http://ja.wikipedia.org/)