エリア
泉大津市
こだわり
指定なし
1

泉大津市(いずみおおつし)は大阪府泉北地域に位置する市。
市名は和泉国の国府の外港(国津)であったことに由来する。和泉木綿の集散地となった江戸時代に真田紐をはじめとした繊維産業が興ると、これを地盤に明治以降毛布の製造が始まり、毛布のまちとして発展した。現在も国内産毛布においては9割超のシェアを占める。港湾も昭和初期に近代化され、堺泉北臨海工業地帯の一角を占め、近年は物流拠点としての性格も強めてきている。港湾や中心駅の再開発が進み、人口は2000年代前半までは増加傾向にあったが、平成17年(2005年)以降は減少傾向にある。
== 地理 ==
市内はほぼ起伏がなく、平坦である。大阪府二級河川の大津川が市南端と忠岡町との境を流れている。また埋立地の増加で少しずつ市の面積が増加中である。
河川:大津川、槇尾川、牛滝川
=== 隣接している自治体 ===
高石市
和泉市
泉北郡忠岡町
=== 市内の地名 ===
== 歴史 ==
前4~5世紀
二田の地名は、紀元前5~4世紀、九州から東進(天下り)してきた饒速日尊(にぎはやひのみこと)に付き添っていた物部氏族の二田氏がこの地に住み着いたことに由来するといわれる。
「泉大津市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019-11-10 09:51 UTC (http://ja.wikipedia.org/)