エリア
枚方市
こだわり
指定なし
1

枚方市(ひらかたし)は、大阪府北河内地域に位置する中核市。人口は約40万人であり、大阪市、堺市、東大阪市、次いで府内第4位の人口を擁する中核市。
== 概要 ==
京都府・奈良県との府県境に位置する。2014年4月1日に中核市に移行した。京街道の宿場町であり、かつて北河内郡役所も置かれた北河内地域の中核的な都市として発展した。七夕伝説やひらかたパーク、また6つの大学、全国高校ラグビー大会の優勝校、バレーボールVリーグパナソニックパンサーズの本拠地がある。
市西部は京阪本線で京都および大阪と結ばれ、また市東部はJR片町線で京橋・北新地・尼崎と結ばれる。また市中心部は国道1号(枚方バイパス)、市東部には第二京阪道路が走っている。
平成の大合併で寝屋川市、交野市との合併が協議され、人口約70万人規模の京阪間の政令指定都市を模索した時期があった(「北河内市構想」)。京阪間のベッドタウンとして発展したが昼間の賑わいには乏しい3市が、一つになって、文化や産業の集まる核ができれば、住民の居住地への愛着が高まると期待されたが、住民側の要望が無く、北河内全体の協力関係の強化(例えば救急体制)を充実させ住民生活の向上を図っている。
「枚方市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019-11-10 08:57 UTC (http://ja.wikipedia.org/)