エリア
神戸市中央区
こだわり
指定なし
30

神戸市(こうべし)は、兵庫県の南部に位置する市。兵庫県の県庁所在地で、政令指定都市である。
市域は垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区の9区から構成される。人口は約152万人で市としては全国7番目、県内最大である。
== 概要 ==
神戸市は大阪市中心部から西に30km圏内に位置している。大阪市、京都市とともに京阪神大都市圏の中心市である。域内最大都市である大阪市への通勤・通学者も一定数いる一方、神戸市自体も周辺市町村から多くの人を引き寄せるため昼夜間人口比率は100を超えており、独立した都市圏(相対都市圏、都市雇用圏)として神戸都市圏を形成している。行政や経済の中心となるのは中央区であり、神戸市役所や兵庫県庁が位置するほか、神戸市を代表する繁華街である三宮や中華街(南京町)で有名な元町が所在する。
海と山の迫る東西に細長い市街地を持ち、十分な水深のある扇状の入り江部に発展した理想的な港湾・神戸港を擁し、横浜港を有する横浜市とともに日本を代表する港町である。大正から戦後の高度経済成長期にかけて、東京・横浜・名古屋・大阪・京都と共に六大都市の一角であった。
「神戸市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2021-04-17 10:51 UTC (http://ja.wikipedia.org/)