エリア
尼崎市
こだわり
指定なし
2

尼崎市(あまがさきし)は、兵庫県の南東部に位置する人口約45万人の市。1916年(大正5年)に市制施行。中核市に指定されている。
== 概要 ==
兵庫県の南東端に位置する。大阪府の自治体を除いて大阪市に隣接する唯一の自治体で、市外局番も大阪市と同じ「06」である(後述)。
尼崎藩の城下町を中心に工業都市へと発展を遂げ、中核市の指定を受ける以前の1948年から保健所政令市に指定されている。神戸市・姫路市・西宮市に次いで兵庫県下第4位の規模の人口を有しており、2018年には9年振りに人口増加に転じた。
沿岸部および名神高速道路・JR西日本福知山線沿いの工業地域、阪神尼崎駅・JR尼崎駅周辺の商業地域の他は住宅地が大半を占め、兵庫県の自治体のうち人口密度が最も高い。ただし、大阪市への通勤率は20.9%(平成22年国勢調査)にとどまり近隣の自治体より低く、昼間人口率は96.3%(平成27年国勢調査)と阪神間の自治体の中では最も高くなっていて、ベッドタウンと産業都市の両面の性格をあわせ持つ。
近年は、JR西日本や阪神沿線を中心とした市中南部の再開発事業にも力を入れており、これらの地域でも高層マンション群や巨大商業施設が多くみられるようになった。
「尼崎市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2020-03-28 06:43 UTC (http://ja.wikipedia.org/)