エリア
尼崎市
こだわり
指定なし
2

尼崎市(あまがさきし)は、兵庫県の南東部に位置する人口約45万人の市。1916年(大正5年)に市制施行。中核市に指定されている。
== 概要 ==
兵庫県の南東端に位置し、大阪府を除いた近畿地方の自治体の中で唯一、大阪市と面している。また市外局番も大阪市と同じ「06」である(後述)。
兵庫県下第4位の規模の人口を有しており、中核市の指定を受ける以前の1948年から保健所政令市に指定されている。また、2018年には9年振りに人口増加を達成した。
主に市南部に工業地域、中南部には商業地域、そして市中部から北部にかけて住宅地が広がる形で発展している。鉄道では市内各駅から20分程度で大阪市や神戸市の都心へ到達することが出来るが、旧尼崎藩領や旧旗本領の元農村地域を中心に構成された工業都市であるため、拠点性があり、中南部以南は大阪のベッドタウンとしての要素は薄い。大阪市への通勤率は20.9%(平成22年国勢調査)である。
「尼崎市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2019-11-16 11:11 UTC (http://ja.wikipedia.org/)