エリア
加古川市
こだわり
指定なし
1

加古川市(かこがわし)は、兵庫県の市。施行時特例市に指定されており、東播磨地方の中核都市として機能している。兵庫県東播磨県民局に区分される。
== 概要 ==
兵庫県の播磨地方の東側に位置し、東播磨の中核をなす。毎年11月には市内を練り歩き、散歩することの楽しさの発見や人的交流・健康促進を意図した企画「加古川ツーデーマーチ」が開催される(最大40kmの道程を踏破するために全国から多数の参加者が訪れる)。
加古川市の名物は「かつめし」と「鹿児のもち」。
公共交通機関としてはJR西日本の山陽本線(JR神戸線)と加古川線、そして山陽電鉄の本線が通る。市街地は加古川町一帯(JR加古川駅周辺)・平岡町一帯(JR東加古川駅周辺)・別府町一帯(山陽別府駅周辺)に発展し、人口も3町中心とする南部に集中。マンションが林立し、重化学工業地帯や大型量販店の激戦区となっている南部と、農村風景が残るのどかな雰囲気の北部とで全く違う景観があり二面性のある。臨海部の金沢町は全域が神戸製鋼所の加古川製鉄所の敷地のため、人口0人の町になっている。
「加古川市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2020-07-07 06:10 UTC (http://ja.wikipedia.org/)