エリア
福山市
こだわり
指定なし
3

福山市(ふくやまし)は広島県の東部、備後地域にある市。1998年(平成10年)に中四国地方で2番目の中核市に指定された。
中国地方では広島、岡山に次ぎ、非県庁所在地の都市圏としては全国5番目の規模の福山都市圏の中心都市。単一事業所として世界で初めて累計粗鉄生産量が4億トンに達した世界最大級の銑鋼一貫製鉄所(JFEスチール)を抱える重工業都市である。市内に年産1300万トン級の生産能力を持ち粗鋼生産量は日本一。また鉄鋼関連産業、造船、機械産業などが集積する。市内の工業生産高は2兆円、工業事業所数は1200と山陰地方を越え、高知県の四倍と日本有数の規模を誇る。
== 概要 ==
中心市街は芦田川のデルタ地帯と福山藩が行った新田開発を基にした干拓平野に広がる。市制施行は尾道市(明治31年)、呉市(明治35年)に遅れる大正5年と戦前までは小都市に過ぎなかったが戦後、備後工業整備特別地域に指定され工業化とともに経済規模が急拡大、瀬戸内海の主要都市の一つとなった。都市形成の傾向として駅周辺から商業地域が発展していることがあげられる。
「福山市」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2021-07-31 03:39 UTC (http://ja.wikipedia.org/)